性病の治療について解説する医者

法律で定められた性病とのどの渇きの症状

のどの渇きは一般的には体内の水分が不足している状態ですが、高齢者の場合はのどの渇きを感じるのが遅いので水分不足による熱中症などになりやすくなります。対処法としては時間を決めてこまめに水分を摂取するのが良いとされていますが、塩分や糖分を含んでいないと腸内で吸収されにくいので、水分補給のためのドリンクなどを飲むと効果的です。また糖尿病でも渇きを感じますが、これは血液の血糖値が上昇することで、これを下げるために体が水分を欲するのが原因なので、運動などをして血糖値を下げることで渇きを感じにくくできます。熱中症は体内の水分が不足することで起きる症状で、体温が異常に上がるので呼吸困難や頭痛、吐き気などの風邪に似た症状がでます。これは体を正常に保つための機能が低下することで起きる症状なので、すぐに水分を摂取して、涼しい場所で体温を下げる必要があります。わきの下に氷を入れた袋をはさむなどすると体温を効率よく下げることができます。法律で定められた性病としては細菌感染症のクラミジア、梅毒、淋病とウイルス性のHIV、ヘルペスなどがありますが、これらの感染を防ぐために検査を受けたり治療をする時の補助などが用意されていますが、性感染症は症状が出ないと治療を始めないので感染が年々増加しています。一つの要因としては性感染症についての教育が不十分なことが指摘されていて、HIVなどの治療法が確立されていない性病のリスクをしっかりと周知させないと、今後も増加を続ける可能性があります。性病のリスクは海外でも同様にあるので、とくに開発途上国でセックスをする場合にはコンドームをしたり、セックスをした後にシャワーで清潔な状態を維持することが大切です。