性病の治療について解説する医者

性病の定義とニキビの原因と治療について

性感染症の定義は厚生労働省のガイドラインで定められていますが、細菌やウイルスによる感染症の中の1つとして分類されているので国によって特定の定義はなされていません。一般的には性病はセックスによって感染する細菌やウイルスによる病気で、日本ではクラミジアや梅毒などが増加しています。また先進国の中では唯一HIVの感染者が増え続けているので、性病に関する知識を若いうちから身につけることで、性感染症のリスクを回避することが必要になっています。性感染症はクラミジアや梅毒、淋病などの場合は粘膜の接触による感染ですが、梅毒や淋病は感染力が非常に強いのでキスやコップの口移しなどでも感染する可能性があります。クラミジアは症状が出る割合が低いので感染していても治療をしていない感染者が多いことで感染拡大が起きていて、とくに若い女性は重症化しないと治療を行わないので、腹痛や発熱、発疹などによって内科などを受診することが多くなっています。クラミジアの場合は内科で抗生物質を投与してもらうと完治することがありますが、梅毒や淋病の場合は感染力が強いので泌尿器科や性病科などの専門の医療機関で治療をすることが重要です。日本では衛生環境や医療技術が進んでいるので、性感染症による死者はほとんどいませんが、開発途上国では現在でも梅毒や淋病が進行して死に至ることがあります。ニキビは思春期の男女にできる吹き出物ですが、ホルモンバランスが影響しているので、女性の場合はピルを服用することで改善する可能性があります。ニキビの治療法としては専用の外用薬を用いて原因となる菌を駆除するのが一般的ですが、ストレスなどで免疫力が低下すると再発する可能性があるので、生活習慣を整えることも大切です。